ステラ・ヤング

海外

ステラ・ヤング:(障害を持ているけど、私はいたってふつう)、私は皆さんの感動の対象ではありません

障害者は人として扱ってもらえません 感動を与えるための存在です。 事実 私はこの会場に座って― こんな感じで車椅子に乗っていたら 皆さんが私に それとなく期待しているのは 「感動」ですよね?  ご来場の皆さま 残念ですが […]

Read More